MENU

東京夢の島マリーナ

お知らせ&最新情報

釣り

  • ホーム
  • スタッフ釣行 ~第二海堡まわりでの鳥山調査と浅場のタイラバ~

スタッフ釣行 ~第二海堡まわりでの鳥山調査と浅場のタイラバ~

朝夕が涼しくなり、秋の気配が一層と感じられるようになってきました。

9月も半ばに差し掛かると、いよいよ東京湾でも各所でサワラやイナダといった青物の動向が気になり始めるころです。

その他にもタチウオやマダイなど、気になるターゲットも釣りやすくなる時期を迎え、何を狙おうかとワクワクしてしまいます。

第二海堡や観音崎周辺エリアでは徐々にイワシに絡んだ鳥山も出始め、それを狙って様々な魚が狙えるようになります。

 

今回は鳥山の動向を確認しながら、お手軽な浅場のタイラバに挑戦してきました。

湾奥エリアから第二海堡を目指しての道中、中ノ瀬~富津にかけてのエリアでは各所で鳥達が水面に追い立てられた小魚を探しておりましたが、あまり決定的なチャンスはまだない様子・・すでにポイントでは下げ潮の流れがいい具合に効いていて、釣れそうな気配は漂っている様子。

周り伺いながらキャスティングによるルアーの準備と、タイラバの準備と両方をセッティング、鳥達も直近の海況を良く知っているので、こうした場合は下手に動き回らず、様子を見てみるのがいいと思います。

そうしてしばらく準備を行っていると、各所で水面にもじりが出始めますが、どこもイナダが盛んにイワシを追っている様子。釣り上げたイナダもメダカのようなカタクチイワシを大量に吐き出しておりました。

シーズン初期は捕食しているエサのサイズが小さい為、ルアーを食わせることもなかなか難しい時期でもあります。ルアーサイズを下げてみるの一つですが、小さくすると今度は発見に至らないのか、うまく釣れないことも多いです。水面で捕食モードに入っているのに、なかなか釣れない場合は、ルアーを水面で波紋を出すように高速引きしてみるのもおススメです。

しばらく粘ってはみたのですが、周囲もサワラの気配はあまり感じられず、鳥山もイナダばかりの為、朝の良い時間をタイラバに使うことに。

徐々に水温も落ち着いてきたとはいえ、まだ10~20mの水深のエリアで好調なタイラバでは、一般的な真下に向けてのバーチカルな方法も良いですが、個人的にはスピニングタックルを使用したキャスティングのタイラバが面白いと感じています。特に浅場においては真下での縦の釣りでは5mも巻き上げると中層まで達してしまうことも多いので、船の流しやキャスティングによりラインが斜めに出ていく状況をつくってあげると底層付近を長く引けるため、アタリも出やすくなります。

この日も第二海堡周辺のかけ上がりを狙い、水深13~20m程度にかけてのドテラ流しの釣りから始めてみました。

潮もいい具合に効いており、船の流しも0.8~1ノットとタイラバには絶好のスピードで、魚探画面上にも適度に魚影が出ており、気配も上々です。キャスティングのタイラバでは45~60gの重さを軸にネクタイのカラーはオレンジを基調としたシンプルな設定です。

バーチカルなタイラバでは斜めのライン角度を作るために60~80gを使用してみました。まずは確実に底を感じられる重さ選びが大切な釣り方でもありますので、同じ商品でもタイラバの重さは幅広く用意されることをおススメします。

いい場所に差し掛かると、アタリは早々に出はじめましたが、あとは針掛かりさせられるかどうかがタイラバの魅力でもあります。アタリは出るのになかなか針掛かりに至らない方は針先のチェックや、船が流れるスピードを考慮した巻きスピードをイメージされると良いかもしれません。

当日は岩礁帯が近くにある砂地主体のエリアを流すことがほとんどでしたが、15~17mくらいの浅場に集まっていたようで、釣れるマダイも同じポイントに差し掛かるとアタリが出てくれました。時折イナダの鳥山が近づいてきますが、マダイも浅場ではイナダの勢いに圧倒されてしまうようで、鳥山が近づくとマダイも移動してしまう状況でした。その後似たようなエリアを流してみて、マゴチやホウボウを追加

サワラの跳ねが出ていないかも見渡しながら釣りをしておりましたが、サワラの気配は感じられず、マダイのサイズアップも目指してポイント移動。この日の水深20~30m台は魚探反応などを見ても悪いわけではないのですが、潮の効きが緩んでしまったからなのか、あまり反応がなく時折ぽつぽつとアタリが出るような状況。

そんな中でも根まわりエリアにて45㎝ほどのマダイや、その他にメバルがヒットしてくれたので、ほっと一安心

午後になり、雨雲が迫ってきたところで納竿となりましたが、竿をたたんでいざ帰ろうとした矢先にサワラの跳ねが複数見られるように・・この日はあきらめて帰港となりましたが、第二海保周りの浅場でもしっかりとサワラは入ってきているようです。これを書いている直近では横浜沖もだいぶ跳ねが見られるようになったとも聞いておりますので、湾奥エリアも10月には楽しめる状況になっているのではないでしょうか。

 

これからますます賑わいを見せてくるマリーナ近隣の海域でのルアーフィッシングですが、また良い情報がありましたらお伝えさせていただきます。その他、マゴチやアジ釣りも数釣りや魚自体に脂がのってくるシーズンです。ぜひ皆さまも涼しくなってきて、出港しやすくなってきた東京湾で様々な釣りに挑戦してみてください!^^